プレスリリース

キッチンカーのレンタル開始!最短1日から!食材・容器・出店場所までTOTALサポート

キッチンカーのレンタルプランをスタート

2021年10月29日

キッチンカーのレンタルプランを最短1日から開始。キッチンカーに興味があっても踏み出すことが出来なかった事業者や個人を対象に、食材の仕入れから包材の手配、出店場所の提供までトータルにサポートします。

飲食店の販路拡大、およびキッチンカー事業を始めたいと考えている事業者、および個人を対象として、キッチンカーを最短1日からレンタルできる、キッチンカーのトライアルと開業サポート事業を開始します。
本サービスは、単にキッチンカーをレンタルするだけに留まらず、当社のグループ会社となる株式会社Cqreeのネットワークを活用し、メニューの開発や食材、包材などの仕入れ、そしてキッチンカーにとって大変重要な販売場所の提供までトータルにサポートするものです。

◆サービスのポイント

  • ①キッチンカーが1日2.5万円からレンタルが可能
  • ②販売場所も提供(都内近郊のタワーマンションなど)
  • ③キッチンカーのメニュー開発、容器・食材の仕入れ、出店までサポート
  • ④キッチンカーを本格的に始める前の登竜門として利用可能
  • 新型コロナウイルスの影響により、飲食店はデリバリー、EC、テイクアウトなど様々な可能性を模索してきました。その打開策の一つとして機動力の良さからキッチンカーに進出した飲食店も増加しております。

    東京新聞TOKYO Webが公開した記事『「4608台」都内で増える、あのクルマの台数<深掘りこの数字>
    (2021年)』(※1 )によると東京都内のキッチンカーの数は今年3月末にて4,608台となり、2011年(2,166台)から10年で倍増しました。東京都の助成金の後押しもあり、20年度の新規許可数は1,001台となっております。

    ※1:東京新聞TOKYO Web「4608台」都内で増える、あのクルマの台数<深掘りこの数字>(2021年10月)

    記事はこちら


    ◆背景

    一方で廃業は545台となり、キッチンカー事業者の廃業も増加しております。その大きな理由の一つとして出店出来る場所が少ないことや、想定していた収支が取れずに廃業をしてしまうという課題があります。
    キッチンカーの開業は、飲食店と比較すると初期投資は少ないものの、約350~1,000万円の初期投資が必要となります。
    そのため、本格的にキッチンカー事業を始める前に、実際にキッチンカーの出店を試し、採算性や事業としての継続性を判断出来るスキームが必要とされています。

    そこで今回、キッチンカーのトライアル・開業支援サービスをClickDishesが提供する運びとなりました。

    ◆本サービスに込める想い

    本サービスは、キッチンカーに興味があるものの、実際に始めて見ないと事業として継続できるのか分からないという課題を、キッチンカーのレンタルサービスを活用しトライアルしていただくことで見える化できるため、参入のハードルを下げることが可能です。

    さらに、本格的にキッチンカーを開業した際に想定される収支を、開業予定者が事前に判断することができるため、事業開始後に想定していた売上・利益のギャップを防ぐことができます。
    また、Clickdishesのキッチンカー出店場所は1都3県を中心としたタワーマンションをメインとしているので、これまでアプローチできなかった顧客層を対象にトライアル出来るというメリットがあります。

    ◆サービス概要

    本サービスは、キッチンカーに興味があるものの、実際に始めて見ないと事業として継続できるのか分からないという課題を、キッチンカーのレンタルサービスを活用しトライアルしていただくことで見える化できるため、参入のハードルを下げることが可能です。

    キッチンカーのレンタルを希望する事業者、または個人の方へClickDishesがキッチンカーを提供します。さらに希望される場合は、メニューの開発から食材、包材の仕入れ、さらには出店場所の提供までをトータルでサポート。
    キッチンカーのレンタル費用は、保険料込みで1日2,5万円~となり、キッチンカーの開業に必要な煩わしい手続きは不要で、お試しでの開業が可能です。

    本件に関する問い合わせは以下からお願いしいたします。